水がたまると温度が低く

漏水が起きて、外壁などに水が浸入し、水がたまると周辺部より温度が低くなります。 原因は2つあります。 一つ目は、水分が気化するときに、周りの熱を奪い低温になるためです。 二つ目は、水は温まりにくいため、気温が上がっても周辺部より温度上昇が遅れるためです。

赤外線を使った診断で侵入ルートと原因を特定

雨漏りが発生しても、目視ではなかなか侵入ルートはわかりません。 赤外線画像を活用した雨漏り診断なら、壁内に水が停留している箇所を推測できます。 水分停留部の情報と、目視でわかるクラックや隙間、コーキングの劣化状況などの情報を基に、雨漏り侵入ルート・原因 を推測することができます。

雨漏り赤外線診断

改修工事の根拠に

劣化部分の写真と水分停留部の赤外線画像があれば、改修工事後にまた赤外線を使った診断を行うことで、改修工事で 改善された結果を見ることができます。 また、複数の原因による難しい雨漏り現場では、改修工事後に効果があったところと、効果がなかったところを検証しな がら、進めていくことができます。

雨漏り赤外線診断

雨漏り赤外線診断

お問合わせはお問合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ
ページトップへ

屋根工事・外壁塗装・リフォームのことならリフォーム専門のアイライクホーム

《 建設業許可 埼玉県知事許可(般-28)第56319号 》
一般社団法人 日本屋根診断士協会
TOTOリモデルクラブ会員 ニチハ保証システム登録工事店
あんしんリフォーム工事瑕疵保険登録事業者
Copyright (C) 屋根工事のアイライクホーム All Rights Reserved.